2014年05月31日

GIS用の背景地図作成テキストを作りました

注意!この記事はかなり古い情報です。現在のQGISとは操作方法が違いますので注意してください

GIS用の背景地図を、Openstreetmap及び基盤地図情報から作成する
テキストを作成しました。


あと、このテキストで作成した背景レイヤをQGISで使用する場合の
スタイルファイルも作成しました。


レイヤのプロパティで「スタイル読み込み」ボタンで
該当するレイヤのスタイルを読み込んでください。

スタイルファイルは、次のものがあります。

<基盤地図情報>(http://fgd.gsi.go.jp/download/

 ・市町村界(Polygon)

 ・海岸線(Line)

 ・水崖線(Line)

 ・等高線(Line)


<OpenStreetMap>(http://extract.bbbike.org/

 ・道路(Line)

 ・線路(Line)

 ・河川(Line)

 ・ポイント(Point)

 ・地名(Point)

 ・公園等(Polygon)

 ・利用区画(Polygon)


<シームレス地質図>(https://gbank.gsj.jp/seamless/index.html?lang=ja&p=download

 ・地質図(Polygon)

 ・断層等(Line)


シームレス地質図は産業技術総合研究所のものです。






posted by kouichi at 00:54| Comment(0) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

QGISでShapefileを新規で作成するときのフィールド名に日本語 ほか

注意!この記事はかなり古い情報です。現在のQGISとは操作方法が違いますので注意してください

前回の文字化けの記事で、新規にShapefileを作成するときに、日本語のフィールドを作成すると文字化けするので、

英数文字を使用するか、あとからTableManagerプラグインで編集するしかないと書きましたが、

SpatiaLiteレイヤは日本語をフィールド名に使用できるのを思い出し、

Spatialiteで新規レイヤを日本語で作って、Shapefileに保存すればいいのではと思いました。

その結果、みごと1.8.0で日本語のフィールド名を使用したShapefileが出来ましたので、

QGIS逆引き辞典に記載しました。



ストレートにShapefileを作成するより一手間必要ですが、

TableManagerプラグインで変更するよりは手間ではないと思います。


---------------------------------------------------

あと、ラスタレイヤのカラーマップで、自動的に分類した時に最小値が青で最大値が赤になります。

これが自由にならないので、Excelでマクロを作りました。

これもQGIS逆引き辞典に掲載しています。



Excelファイルはマクロを使用していますので、マクロを有効にしてください。

posted by kouichi at 00:25| Comment(2) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

ラスタの測地系変換からピラミッド作成まで

注意!この記事はかなり古い情報です。現在のQGISとは操作方法が違いますので注意してください


という記事を書きましたが、Jpegはファイルサイズは小さいですが、

画像的には大きいのでQGISで表示させるとすこし処理が遅いです。

しかも測地系が「WGS84」のため、「オンザフライCRS変換」しなければならず、

さらに処理が遅くなります。


そこで、Dr.kobaさんのブログにもありました、ピラミッドの作成のため、

カシミールで切り出して作ったワールドファイル付きのJpegをGeoTiffに変換し、

測地系も変換して、ピラミッドを作成するまでを「QGIS逆引き辞典」に整理しました。








Geotiffにすると、ファイルサイズはすごい大きくなりますが、

表示は早くなるはずです。


posted by kouichi at 02:24| Comment(1) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。