2015年07月14日

地理院の地図コンテンツの利用規約がわかりづらい?

現在、国土地理院の地図は、地理院地図として地図タイルで利用できるようになっています。

この地理院地図の地図タイル画像(「地理院タイル」といいます)を利用するために、
利用規約があるのですが、イマイチわかりづらいということで、
わかりやすまとめてみようと思います。

ただし、国土地理院に確認した事項もありますが、私がWebサイトを読んで、
理解した項目もあるので、実際に利用するためには、国土地理院にお問い合せください。


地理院コンテンツとは?

 まず、利用規約を読んでわかりづらいのが、「地理院コンテンツ」という言葉です。
地理院コンテンツとは、国土地理院が提供するデータのことです。

地理院地図のタイル画像、空中写真、基盤地図情報のダウンロードデータなど、
国土地理院のホームページでダウンロード出来るデータが、すべて「地理院コンテンツ」です。

 利用規約は、すべての地理院コンテンツに共通する事項が記載されています。


出典明示だけで地図が使えるのか?

 一見、利用規約だけ見ると、出典明示だけで地図が自由に使えるような気がしますが、
実はほとんどの地図は自由には使えません。

 そこには、利用規約に書いてある
4) 個別法令による利用の制約があるコンテンツについて
が適用される地図があるためです。

 「個別法令」とは、おもに「測量法」です。
測量法の「29条(使用)」と「30条(複製)」に関する事項が適用され、申請が必要となります。

 基盤地図情報などは「基本測量成果」なので、当然測量法に基づく申請が必要になります。

 そして、地理院タイルも元は基盤地図情報を使っているものは、「基本測量成果」なので申請が必要です。


どの地図が基本測量成果なのか?

 では、地理院タイルのどの地図が「基本測量成果」を使用しているのでしょうか?
これは、地理院タイルの一覧で確認することが出来ます。

この一覧で、緑色になっていて、備考欄に
この地理院タイルは基本測量成果(名称:電子地形図(タイル))です。
と記載されている地図が、すべて基本測量成果です。

「標準地図」、「淡色地図」は、基本測量成果ですので、使用または複製の申請が必要です。



申請なしで利用できる範囲

 上記のような基本測量成果を利用した地図でも、使用方法によっては申請なしで利用できます。

<出典明示して利用できる(申請不要)>
   刊行物の場合、1ページに対する画像の大きさや、Webページに載せる画像の大きさで、
   申請が必要ななる場合がありますので注意が必要です。

<出典明示をしなくても利用できる(申請不要)>

 これらは、「承認申請Q&A」のページがわかりやすく書いてあるので、参照してください。


二次利用する場合には?

 すでに「使用」や「複製」された地理院地図を、二次利用する場合には、
元の地理院地図と同じ条件で、申請が必要かどうか決まります。

 つまり、「刊行物に少量の地図を挿入した地図画像」(申請なしで出典明示)したものを、
インターネットに載せる場合には、画像サイズによって複製の申請が必要になります。


Web地図で利用する場合は?

 OpenlayersやLeafletなどのWeb地図の背景に地理院地図を使う場合は、
地理院コンテンツの利用規約が適用され、出典明示で利用できるようです。(多分)

 これは、動的に地図を切り替えることが可能で、
ズームレベル、表示範囲も自由に変更できる状態であることが必要です。



以上、地理院地図の利用規約について、少しまとめてみました。
もしかしたら間違っているところもあるかもしれませんので、その際はコメントください。




posted by kouichi at 01:08| Comment(2) | Web地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

FOSS4G Hokkaido 2015に参加してきました

2015年7月3日に北海道大学農学部講堂で行われた、
FOSS4G 2015 Hokkaidoに参加してきました。


Geopaparazziに関する発表を行いました。
発表資料はここにおいてあります↓

新しい技術、新しい知り合いにたくさん巡り会えた、
大変楽しい一日でした。



posted by kouichi at 23:40| Comment(0) | GISその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

QGISのPhoto2Shapeプラグインのエラー対処法

2015年4月現在、QGISのPhoto2Shapeプラグインのバージョンは0.5なのですが、
標準の状態でQGISのプラグインインストーラーを使ってインストールすると、
「プラグインが壊れています」というエラーが発生します。

QGISプラグインの公式チケットにはエラーの対処法が書いてあったのですが、
イマイチ理解できませんでした。

OSGeoのメーリングリストで質問したところ解決しましたので、
メモしておきます。
(M島さんありがとうございました)

<対処方法>
  1. 次のページにアクセスして、「Downloads↓」ボタンをクリックします。
    https://pypi.python.org/pypi/ExifRead

  2. 「ExifRead-2.0.2.tar.gz(md5)」をダウンロードして、解凍します。

  3. 解凍されたフォルダの中の「exifread」フォルダをコピーします。

  4. スタンドアロン版のQGISの場合、インストールしたフォルダの、
    \apps\Python27\Lib\site-packages
    に貼り付けます。
    (標準であれば「D:\Program Files\QGIS Wien\apps\Python27\Lib\site-packages」)

  5. Photo2shapeプラグインをインストールします。

以上で使用することが出来るようになりました。

なお、Photo2Shapeプラグインの使い方などは、
こちらのサイトが詳しいので参考にしてください。


新しいバージョンでは、サブディレクトリの検索と、既存のファイルへの追加が
出来るようになったようです。

Image 2015_04_14_235008.jpg



posted by kouichi at 23:46| Comment(7) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする