2012年05月15日

Photo2shapeの最新版

注意!この記事はかなり古い情報です。現在のQGISとは操作方法が違いますので注意してください

QGIS の「Photo to shp」 「Photo2shape」プラグインが更新されて新しくなったようです。

以前はVer1.7.4では動かなかったけど、動くようなってました。

家ではうまくいったけど、職場ではうまくシェープファイルが出来ませんでした。

もう一度トライしてみよう。


=========================

【2012.5.16追記】

コメント欄に質問があったので「Photo2shape」とは何かを追記します。

※プラグインの名称を間違っていました「Photo2Shape」プラグインが正しいです。


「Photo2shape」プラグインは、QGISのプラグインで、

Exif情報に緯度経度情報のあるJpegなどの画像データの位置を

ポイントのシェープファイルにして出力してくれます。


iPhoneなどで撮影した写真にも、GPSが作動していれば緯度経度のデータが付加されますが、

それらの位置を地図上にポイントデータとして落とすことができます。


GPSで取得する緯度経度はWGS84ですので、座標参照系(CRS)を設定する場合は、

注意してください。


作成したポイントシェープファイルの属性データには、Jpegファイルの保存してあるパス名、

ファイル名などの情報があります。

eVisプラグイン「eVis イベントIDツール」をつかって、写真をQGISで表示することもできます。




posted by kouichi at 21:30| Comment(1) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

【QGIS】シェープファイルの結合(融合)が出来ない!という場合

注意!この記事はかなり古い情報です。現在のQGISとは操作方法が違いますので注意してください

QGISで、小さいデータを結合して、大きなデータを作ることがあります。

例えば、小班データに「樹種」が属性データであり、

その樹種ごとにまとめたデータを作りたい場合などです。

これは、編集モードにして、地物の結合を行うか、

「ベクタ」→「空間演算ツール」→「融合」で行うことができます。


しかし、データの整合性がきちんとしていないとエラーが発生し、

結合することができません。

Image 2012_02_17_225555.jpg


エラーが出て、データの結合ができない場合には、

「ベクタ」→「ジオメトリツール」→「ジオメトリの整合性をチェック」で、

データの整合性をチェックします。

ここでエラーがあると、リストに表示されます。

Image 2012_02_17_230105.jpg


レイヤを選択して、[OK]ボタンをクリックします↓

Image 2012_02_17_230147.jpg


リストにエラーの箇所が表示されます↓

Image 2012_02_17_230217.jpg


エラーリストをクリックすると、エラーの箇所にジャンプします。

×のついた所がエラーの箇所です↓

Image 2012_02_17_230535.jpg


エラーのある点は、編集モードにして、「ノードツール」で選択すると、

緑の×が表示されます。

Image 2012_02_17_231114.jpg


この緑の×が表示されなくなるようにしなければいけません。


エラーには主に2つのパターンがあると思います。

1つは、線が交差しているパターン。

Image 2012_02_17_230810.jpg

このようにポリゴンの線が交差してしまっているパターンです。

この場合には、ノードを移動するか、削除してください。


もう一つは、ドーナツ型になるはずなのに、なっていない場合です。

わかりづらいかもしれませんが、下の図のような場合です。


本当はこのようにドーナツ型になるはずが、

Image 2012_02_17_231625.jpg


このように一部が離れて、離れたノード同士が付いている場合です。

Image 2012_02_17_231918.jpg


この場合は、一度、くっついている点を離して、

「地物の分割」で、一部を分割して、2つの地物にします。

Image 2012_02_17_232249.jpg

(くっついている部分を離さないと、エラーが出ます)


次に、離した点を「ノードツール」を使って、くっつけます。

Image 2012_02_17_232537.jpg


この2つの地物を選択し、

Image 2012_02_17_232711.jpg


「地物の結合」で結合します。もともと1つのデータなので、

属性データはそのままでいいです。

Image 2012_02_17_232838.jpg


結合すると、ドーナツ型になります。

Image 2012_02_17_232957.jpg


整合性のエラーを修正したら、結合できるようになります。

属性データを使って分類するときは、

「空間演算ツール」の「融合」が便利です。

Image 2012_02_17_234011.jpg


結合したあとのデータに、下のような穴が出来る場合があります。

これは、元のデータのノード同士がきちんと接続していないために出来ます。

Image 2012_02_17_234218.jpg


特にこのようなT字型の接続で、多いです。

Image 2012_02_17_234440.jpg


ノードを追加して、全ての点が接続するように修正します。

Image 2012_02_17_234818.jpg


一部分修正して、きちんと結合されるか確かめたい場合には、

「長方形領域による地物選択」で、修正したところを選択し、

仮に結合してみます。

Image 2012_02_17_235048.jpg


範囲選択して↓

Image 2012_02_17_235121.jpg


結合します↓

Image 2012_02_17_235135.jpg


属性は、仮なので、そのままOKボタンをクリックします↓

Image 2012_02_17_235154.jpg


きれいに結合されました↓

Image 2012_02_17_235206.jpg


確かめただけなので、「取り消し」で元に戻します↓

Image 2012_02_17_235226.jpg



このように元のデータを修正して、結合すると綺麗に結合されます。


これは、ポリゴンデータのチェックにも利用できます。



posted by kouichi at 23:31| Comment(0) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

カシミール3Dに林小班界を表示(KMLデータの利用)

注意!この記事はかなり古い情報です。

以前の記事で、地名ファイルを使用して、林小班のラベルを表示しました。

そこで使用していた林小班界、実はあれは「E00」ファイルではなく、

KMLファイルを利用して作成したものでした。

Image 2012_01_29_000104.jpg


カシミール3DではGISツールプラグインで、

E00形式のファイルを表示できますが、

現在、フリーソフトでシェープファイルを、

E00形式のファイルに変換できるものは全くありません。

(あったら教えて下さい)


なので、シェープファイルをQGISでKMLファイルにし、

GoogleEathで保存しなおして、林小班界をカシミール3Dに表示します。


QGISで林小班界のシェープファイルを開きます。

ラインのシェープファイルを開いてください。

Image 2012_02_08_225347.jpg

ラインのシェープファイルがない場合には、

「ベクタ」→「ジオメトリツール」→「ポリゴンをラインにする」で、

ラインのシェープファイルを作成します。


レイヤを右クリックして、「名前をつけて保存」で

KMLファイルに保存します。

この時、CRSは「WGS84」に指定してください。

(カシミール3Dの測地系がWGS84の場合)

Image 2012_02_08_225446.jpg


QGISで作ったKMLファイルを直接カシミール3Dに表示すると、

なんかすごいことになります。

Image 2012_02_08_230050.jpg


これを修正するために、一度GoogleEarthに読み込んで、

再度KMLファイルで保存します。

Image 2012_02_08_230349.jpg


Image 2012_02_08_230402.jpg


Image 2012_02_08_230438.jpg

間違って「KMZ」で保存しないように注意してください。


カシミール3Dに、作成したKMLデータをドロップします。

Image 2012_02_08_230907.jpg

このように地図に表示されました。

線の太さや、色は、GPSデータの編集で行なってください。

Image 2012_02_08_231143.jpg

Image 2012_02_08_231213.jpg


<地図画像として保存してしまう>


GPSデータのまま林小班界を使用していると、

地図移動時にポップアップが出たり、

点を間違って移動してしまったりします。

Image 2012_02_08_231642.jpg


すこし煩わしいので、新たな地図データとして保存してしまいましょう。

地図データとして保存すると、1枚の画像になってしまうので、

線のスタイルの変更はできません。

地図を保存する前に、林小班界の線を、

自分の好きなスタイルに変更してください。


地図にしたい範囲を選択します。

Image 2012_02_08_231858.jpg


Image 2012_02_08_231936.jpg


選択後に、地図で表示したい縮尺まで拡大します。

Image 2012_02_08_232013.jpg

小さい縮尺のままだと、ファイルサイズは小さいですが、画像が荒くなります。


「ツール」→「マップカッター」→「切り出し」で、

マップカッタープラグインの画面を表示させます。

マップカッタープラグインが表示されない場合には、

プラグインをインストールしてください。

Image 2012_02_08_232749.jpg


カシミール形式で保存します。

圧縮する場合には、「圧縮する」にチェックを付けます。

圧縮すると「cmp」で、圧縮しなければ「bmp」で保存します。

「地図を等倍表示で切り出す」のチェックを外すと、

現在の表示倍率で保存します。

分割数は、好みで良いです。

カシミールだけで画像を使用するなら、640x480などでいいです。

Image 2012_02_08_232958.jpg

「OK」をクリックすると、地図を作成します。


地図データを開くで、新しく作成した地図を指定し開きます。

Image 2012_02_08_233515.jpg


これで、画像データとしての新しい地図データを作成できました。


林小班ラベルも地名ファイルの場合、間違って移動したりしてしまうので、

林小班ラベルも表示した状態で、地図を作成すると、ラベルありの

新しい地図が作れます。


posted by kouichi at 23:18| Comment(3) | カシミール3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。