2016年07月03日

地理院地図のMBTilesの作り方メモ

タイル地図を1つのファイルで管理でき、QGISやGeopaparazziで利用できる、
「MBTiles」の作り方をメモ。
幾つかの手順があり、忘れそうなので。
尚この手順は、Windowsのみで有効です。ご了承ください。


1.QGISをインストールする


GISをインストールしておきます。
QGIS本体ももちろん使いますが、ここで重要なのは、一緒にインストールされる、

「OSGeo4w Sell」



2.地理院地図のタイルをダウンロードする


地理院地図のタイル画像をダウンロードします。
QGISで「タイルレイヤプラグイン」と「QMetaTilesプラグイン」を使ってもダウンロードできますが、
ズームレベルが場所によって合わないのか、モザイク状になってしまう箇所があるので、
ここでは、「GeopapaofflineTile」というソフトを使います。
何を隠そう、私が作ったソフトです。こちらからダウンロードできます。

QGISでタイルレイヤプラグインをつかって、XYZFreamを表示します。
必要なズームレベルのXY座標をメモして、
GeopapaOfflineTileのリストに入力し、タイルをダウンロードします。
GeopapaOffilenTileの詳しい使い方は、同梱の説明書を参照してください。

タイル地図は、Jpegでダウンロードすることをオススメします。
ファイルサイズが小さくなるので。



3.mbutilを使えるようにする


タイル地図をMBTilesに変換するためのソフトが、「mbutil」です。
コマンドラインで動くソフトですので、少し使い方が難しいです。

まずは、Githubからダウンロードします。
こちらのGithubページを開いて、「Clone or Download」ボタンをクリックし、
zipファイルをダウンロードします。
適当なフォルダに保存し解凍しますが、できるだけ簡単なフォルダのほうが後で楽です。
ここでは、「D:\mbutil」に解凍したとことにします。

次に、mbutilをpythonにインストールします。
この手順は、初めの1度だけでOKです。
QGISをインストールした段階で、Pythonは使えるようになっているはずです。

  1. スタートメニューの「QGIS Essen」の中にある、「OSGeo4w Sell」を開きます。
  2. 「d:」と入力します。
  3. 「cd d:\mbutil」と入力し、対象フォルダを「d:\mbutil」に変更します。
  4. 「python setup.py install」と入力します。
  5. メッセージが表示されて、mbutilがインストールされました。
  6. 正常にインストールされている場合、「python mb-util -h」と入力すると、
    ヘルプが表示されます。



4.mbutilでタイル地図をMBTilesに変換する


GeopapaOfflineTileでダウンロードした地理院地図のタイル画像を、
日本語の含まないフォルダに保存します。
ここでは、「d:\tile」に保存したとします。
「d:\tile」の直下にズームレベルごとのフォルダが有る状態です。

次の手順で、mbtilesに変換します。
dドライブの直下に、「chiriin.mbtiles」というファイルを作成します。
  1. スタートメニューの「QGIS Essen」の中にある、「OSGeo4w Sell」を開きます。
  2. 「d:」と入力します。
  3. 「cd d:\mbutil」と入力し、対象フォルダを「d:\mbutil」に変更します。
  4. 「python mb-util --image_format=jpg d:\tile d:\chiriin.mbtiles」と入力します。
  5. 変換が始まります。(コマンドがたくさん流れていく)
  6. 変換が終了すると、MBTilesファイルが作成されています。
※今回のタイル画像がjpegなので、オプションに「--image_format=jpg」と入力しています。

作成されたMBTilesファイルをQGISにドラッグして、内容を確認します。






posted by kouichi at 17:48| Comment(0) | GISその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

静岡県の森林情報がオープンデータに!

静岡県がまたやってくれました!

静岡県では従来から「森林情報共有システム(http://fgis.pref.shizuoka.jp/)」で森林の林小班を公表してきていましたが、
今度はオープンデータとして森林計画図のシェープファイル、森林簿のCSVを2016年3月7日から公開されました。

静岡県「ふじのくにオープンデータカタログ(http://open-data.pref.shizuoka.jp/)」

オープンデータは、出典明示さえ行えば誰でも、いつでも自由に利用できるデータです。

森林計画図の林小班には、樹種や林齢などの情報が保存されています。
Image 2016_03_07_100528.jpg
図:樹種で分類した小班


Image 2016_03_07_101506.jpg
図:林齢で分類した小班

森林簿は、所有者名などの個人情報以外のデータを記録しています。
ここまで出すのは素晴らしいことです。

QGISなどのGISで利用でき、静岡県内の森林関係者、研究者には非常に有用なデータとなるでしょう。
誰でも森林計画や、分析なども行えるようになると思います。

ただし、森林簿はCSVのままだと非常に重く、私のパソコンのQGISではメモリエラーとなってしましました。

そこで、高速に処理できるSpatialiteに変換したデータを作りました。
ドロップボックスに置いてますので、QGISなどで森林簿を使う方は、ぜひダウンロードして下さい。

使い方は、QGISで「Spatialiteレイヤの追加」をクリックし、「新規」ボタンでSpatialiteファイルを指定します。
「接続」ボタンをクリックし、「ジオメトリを持たないテーブルもリストする」にチェックを付け、
「静岡県_森林簿20150331」を選択します。


じつは北海道でも、一般民有林、道有林の森林情報をオープンデータ化するために、事業を進めていました。
多分2016年春くらいには公開できるのではと思いますが、見事に静岡県に先を越されてしまいました。
「全国1番」はやはり違いますね。

北海道でも森林情報をオープンデータ化するにあたり、いろいろ議論はあったそうですが、
このように他県があっさり公開すると、「なんだ」と思ってしまいます。

とにかく、必要な情報を速やかに公開し、利用してもらうというのは非常に重要です。


<追記>
静岡県が公開している森林簿CSVには、計画図のシェープファイルと結合するためのKeyフィールドがありません。
そのため、Keyフィールドを追加したSpatialiteデータを追加しました。
上記の通常の森林簿と同じフォルダに保存しています。



続きを読む
posted by kouichi at 23:32| Comment(1) | GISその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

FOSS4G Hokkaido 2015に参加してきました

2015年7月3日に北海道大学農学部講堂で行われた、
FOSS4G 2015 Hokkaidoに参加してきました。


Geopaparazziに関する発表を行いました。
発表資料はここにおいてあります↓

新しい技術、新しい知り合いにたくさん巡り会えた、
大変楽しい一日でした。



posted by kouichi at 23:40| Comment(0) | GISその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする