2014年08月09日

Geopaparazziも進化していた

Android版QGISが使えそうという記事を書いたばかりだが、
Geopaparazziを見てみると、
なんと、こちらも知らない間に進化していた。
(Geopaparazziがわからない方は、
こちらのブログを参考にしてください)

Geopaparazziでは背景地図はもちろん、
Spatialiteのベクタデータも表示できます。
SpatialiteについてはAndroidQGISの記事でも書きました。

以前のバージョンでは、このSpatialiteデータを表示したとき、
ラベルが表示できなかったのが不満でしたが、
なんとラベルが表示できるようになってました。
Screenshot_2014-08-09-22-40-44.png
鉛筆のようなアイコンでラベルが表示できます。
Screenshot_2014-08-09-23-18-17.png
日本語も表示できます。

しかも、平面直角座標系のデータも
オンザフライ変換して重ねてくれます。

Nexus7だと、設定画面を表示するのに少しもたつきますが、
地図表示は速いです。

QGISもGeopaparazziもSpatialiteのデータが
有効に使えます。
これからはspatialiteの時代かもしれません。

Geopaparazziはあとデータによる表示の分類が出来れば
最強の地図ソフトです。


posted by kouichi at 22:54| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: