2012年06月22日

カシミール3DのマップカッターでKMZ作成→GIS用のJpeg作成

カシミール3Dでネットに接続していれば使える「電子国土」の地図ですが、
なんとかGISで簡単に使えないかと、いろいろ考えて、
次の方法を考えました。
手順としては、
カシミール3DのマップカッターでKMZファイルを作る
  ↓
KMZファイルを解凍し、中からJpegファイルと、KMLファイルを取り出す
  ↓
エクセルで自作したワールドファイルの座標を計算するファイルでワールドファイルを作る
  ↓
Jpegと同じファイル名の拡張子Jgwのファイルをテキストファイルで作りJpegと同じフォルダに入れる
  ↓
JpegをGISで表示する

こんな感じです。
ワールドファイルとは、JpegやビットマップをGISで表示するための、
座標が記録されたファイルのことです。

まずは、カシミール3Dで範囲を指定し、マップカッターを起動します。
保存するフォルダを選択して、
保存形式を「GARMIN/Google KMZ形式」を選択します。
分割数は、縦1枚、横1枚にします。
Image 2012_06_22_005304.jpg
「OK」ボタンで地図が出力されます。

作成されたKMZファイルは、ZIPファイルと同じ形式なので、解凍ソフトで解凍できます。
解凍後は、次のExcelファイルに書かれた手順でワールドファイルを作成してください。

KML→ワールドファイル作成(簡易版).xls

QGISで使用する場合には、オンザフライCRS変換を有効にしておくと、違う座標参照系でも綺麗につながります。
Jpegをジオレファレンサーで位置合わせしてもいいのですが、たくさんあると大変なので、
楽する方法を考えました。
posted by kouichi at 01:05| Comment(0) | カシミール3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: