2012年05月15日

Photo2shapeの最新版

QGIS の「Photo to shp」 「Photo2shape」プラグインが更新されて新しくなったようです。
以前はVer1.7.4では動かなかったけど、動くようなってました。
家ではうまくいったけど、職場ではうまくシェープファイルが出来ませんでした。
もう一度トライしてみよう。

=========================
【2012.5.16追記】
コメント欄に質問があったので「Photo2shape」とは何かを追記します。
※プラグインの名称を間違っていました「Photo2Shape」プラグインが正しいです。

「Photo2shape」プラグインは、QGISのプラグインで、
Exif情報に緯度経度情報のあるJpegなどの画像データの位置を
ポイントのシェープファイルにして出力してくれます。

iPhoneなどで撮影した写真にも、GPSが作動していれば緯度経度のデータが付加されますが、
それらの位置を地図上にポイントデータとして落とすことができます。

GPSで取得する緯度経度はWGS84ですので、座標参照系(CRS)を設定する場合は、
注意してください。

作成したポイントシェープファイルの属性データには、Jpegファイルの保存してあるパス名、
ファイル名などの情報があります。
eVisプラグイン「eVis イベントIDツール」をつかって、写真をQGISで表示することもできます。

posted by kouichi at 21:30| Comment(1) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログやアップされている資料、
色々参考にさせて頂いてます。

とても有益な情報が多く非常に助かっています。

ところで今回のプラグイン Photo to shp は
どんなことに使うものなのですか?
Posted by おやぢ at 2012年05月16日 15:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: