2012年02月17日

【QGIS】シェープファイルの結合(融合)が出来ない!という場合

QGISで、小さいデータを結合して、大きなデータを作ることがあります。
例えば、小班データに「樹種」が属性データであり、
その樹種ごとにまとめたデータを作りたい場合などです。
これは、編集モードにして、地物の結合を行うか、
「ベクタ」→「空間演算ツール」→「融合」で行うことができます。

しかし、データの整合性がきちんとしていないとエラーが発生し、
結合することができません。
Image 2012_02_17_225555.jpg

エラーが出て、データの結合ができない場合には、
「ベクタ」→「ジオメトリツール」→「ジオメトリの整合性をチェック」で、
データの整合性をチェックします。
ここでエラーがあると、リストに表示されます。
Image 2012_02_17_230105.jpg

レイヤを選択して、[OK]ボタンをクリックします↓
Image 2012_02_17_230147.jpg

リストにエラーの箇所が表示されます↓
Image 2012_02_17_230217.jpg

エラーリストをクリックすると、エラーの箇所にジャンプします。
×のついた所がエラーの箇所です↓
Image 2012_02_17_230535.jpg

エラーのある点は、編集モードにして、「ノードツール」で選択すると、
緑の×が表示されます。
Image 2012_02_17_231114.jpg

この緑の×が表示されなくなるようにしなければいけません。

エラーには主に2つのパターンがあると思います。
1つは、線が交差しているパターン。
Image 2012_02_17_230810.jpg
このようにポリゴンの線が交差してしまっているパターンです。
この場合には、ノードを移動するか、削除してください。

もう一つは、ドーナツ型になるはずなのに、なっていない場合です。
わかりづらいかもしれませんが、下の図のような場合です。

本当はこのようにドーナツ型になるはずが、
Image 2012_02_17_231625.jpg

このように一部が離れて、離れたノード同士が付いている場合です。
Image 2012_02_17_231918.jpg

この場合は、一度、くっついている点を離して、
「地物の分割」で、一部を分割して、2つの地物にします。
Image 2012_02_17_232249.jpg
(くっついている部分を離さないと、エラーが出ます)

次に、離した点を「ノードツール」を使って、くっつけます。
Image 2012_02_17_232537.jpg

この2つの地物を選択し、
Image 2012_02_17_232711.jpg

「地物の結合」で結合します。もともと1つのデータなので、
属性データはそのままでいいです。
Image 2012_02_17_232838.jpg

結合すると、ドーナツ型になります。
Image 2012_02_17_232957.jpg

整合性のエラーを修正したら、結合できるようになります。
属性データを使って分類するときは、
「空間演算ツール」の「融合」が便利です。
Image 2012_02_17_234011.jpg

結合したあとのデータに、下のような穴が出来る場合があります。
これは、元のデータのノード同士がきちんと接続していないために出来ます。
Image 2012_02_17_234218.jpg

特にこのようなT字型の接続で、多いです。
Image 2012_02_17_234440.jpg

ノードを追加して、全ての点が接続するように修正します。
Image 2012_02_17_234818.jpg

一部分修正して、きちんと結合されるか確かめたい場合には、
「長方形領域による地物選択」で、修正したところを選択し、
仮に結合してみます。
Image 2012_02_17_235048.jpg

範囲選択して↓
Image 2012_02_17_235121.jpg

結合します↓
Image 2012_02_17_235135.jpg

属性は、仮なので、そのままOKボタンをクリックします↓
Image 2012_02_17_235154.jpg

きれいに結合されました↓
Image 2012_02_17_235206.jpg

確かめただけなので、「取り消し」で元に戻します↓
Image 2012_02_17_235226.jpg


このように元のデータを修正して、結合すると綺麗に結合されます。

これは、ポリゴンデータのチェックにも利用できます。


posted by kouichi at 23:31| Comment(0) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: