2012年02月08日

カシミール3Dに林小班界を表示(KMLデータの利用)

以前の記事で、地名ファイルを使用して、林小班のラベルを表示しました。
そこで使用していた林小班界、実はあれは「E00」ファイルではなく、
KMLファイルを利用して作成したものでした。
Image 2012_01_29_000104.jpg

カシミール3DではGISツールプラグインで、
E00形式のファイルを表示できますが、
現在、フリーソフトでシェープファイルを、
E00形式のファイルに変換できるものは全くありません。
(あったら教えて下さい)

なので、シェープファイルをQGISでKMLファイルにし、
GoogleEathで保存しなおして、林小班界をカシミール3Dに表示します。

QGISで林小班界のシェープファイルを開きます。
ラインのシェープファイルを開いてください。
Image 2012_02_08_225347.jpg
ラインのシェープファイルがない場合には、
「ベクタ」→「ジオメトリツール」→「ポリゴンをラインにする」で、
ラインのシェープファイルを作成します。

レイヤを右クリックして、「名前をつけて保存」で
KMLファイルに保存します。
この時、CRSは「WGS84」に指定してください。
(カシミール3Dの測地系がWGS84の場合)
Image 2012_02_08_225446.jpg

QGISで作ったKMLファイルを直接カシミール3Dに表示すると、
なんかすごいことになります。
Image 2012_02_08_230050.jpg

これを修正するために、一度GoogleEarthに読み込んで、
再度KMLファイルで保存します。
Image 2012_02_08_230349.jpg

Image 2012_02_08_230402.jpg

Image 2012_02_08_230438.jpg
間違って「KMZ」で保存しないように注意してください。

カシミール3Dに、作成したKMLデータをドロップします。
Image 2012_02_08_230907.jpg
このように地図に表示されました。
線の太さや、色は、GPSデータの編集で行なってください。
Image 2012_02_08_231143.jpg
Image 2012_02_08_231213.jpg

<地図画像として保存してしまう>

GPSデータのまま林小班界を使用していると、
地図移動時にポップアップが出たり、
点を間違って移動してしまったりします。
Image 2012_02_08_231642.jpg

すこし煩わしいので、新たな地図データとして保存してしまいましょう。
地図データとして保存すると、1枚の画像になってしまうので、
線のスタイルの変更はできません。
地図を保存する前に、林小班界の線を、
自分の好きなスタイルに変更してください。

地図にしたい範囲を選択します。
Image 2012_02_08_231858.jpg

Image 2012_02_08_231936.jpg

選択後に、地図で表示したい縮尺まで拡大します。
Image 2012_02_08_232013.jpg
小さい縮尺のままだと、ファイルサイズは小さいですが、画像が荒くなります。

「ツール」→「マップカッター」→「切り出し」で、
マップカッタープラグインの画面を表示させます。
マップカッタープラグインが表示されない場合には、
プラグインをインストールしてください。
Image 2012_02_08_232749.jpg

カシミール形式で保存します。
圧縮する場合には、「圧縮する」にチェックを付けます。
圧縮すると「cmp」で、圧縮しなければ「bmp」で保存します。
「地図を等倍表示で切り出す」のチェックを外すと、
現在の表示倍率で保存します。
分割数は、好みで良いです。
カシミールだけで画像を使用するなら、640x480などでいいです。
Image 2012_02_08_232958.jpg
「OK」をクリックすると、地図を作成します。

地図データを開くで、新しく作成した地図を指定し開きます。
Image 2012_02_08_233515.jpg

これで、画像データとしての新しい地図データを作成できました。

林小班ラベルも地名ファイルの場合、間違って移動したりしてしまうので、
林小班ラベルも表示した状態で、地図を作成すると、ラベルありの
新しい地図が作れます。



posted by kouichi at 23:18| Comment(3) | カシミール3D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手元にe00ファイルがないので試してないですが、
gdal/ogrでいけそうな気配が↓
http://www.geopacific.org/opensourcegis/grass/just_try

Posted by とおりすがり at 2012年02月09日 08:50
勘違いしてました。
e00→別のフォーマットじゃなくて
逆の話ですね。
e00に関してはgdal/ogrの不具合の情報もあるみたいですし。
Posted by とおりすがり at 2012年02月09日 12:29
コメントありがとうございます。
そうなんです、逆なんですよ。
シェープファイルからE00を作成できるフリーソフトがあれば、
こんな作業はしなくてもいいのですが。

カシミールでGISデータの対応フォーマットが増えてくれればいいんですが、
なかなか難しいでしょうね。
だれかプラグインつくってくれないかな〜。
Posted by 喜多 at 2012年02月10日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。