2011年12月17日

基盤地図情報から傾斜区分地図を作る(その2)

注意!この記事はかなり古い情報です。現在のQGISとは操作方法が違いますので注意してください



<QGISに標高データを表示する>


QGISを入手していない場合は、右の「GIS関係リンク集」の「QGIS WIKI」からダウンロードして下さい。

QGISは、Ver1.7.2で説明します。


QGISを起動し、「ラスタレイヤの追加」で前の手順で作成した「merge.tif」を選択します。

エクスプローラから「レイヤ」に直接ドロップしてもOKです。

  ↓

Image 2011_12_17_001028.jpg

  ↓

Image 2011_12_17_001134.jpg


開くと、グレーの四角が画面に表示されます。

  ↓

Image 2011_12_17_001257.jpg



<プロジェクトの測地系を設定する>


表示された標高データは、変換時に指定した座標系になっています。

しかし、プロジェクト(地図全体)の測地系は設定されていないので、

標準では「WGS84」になっています。

標高データの測地系と、プロジェクトの測地系を合わせます。


レイヤ名を右クリックし、「レイヤのCRSをプロジェクトに設定する」を選択します。

  ↓

Image 2011_12_17_002024.jpg


これで、プロジェクトの測地系が標高データとおなじになりました。

一応「設定」→「プロジェクトのプロパティ」で確認しておきます。

  ↓

Image 2011_12_17_002223.jpg


他の測地系のデータを同時に表示する場合には、

「オンザフライCRS変換を有効にする」にチェックを付けておきます。

データの測地系が正しく設定されていれば、変換されて同じ地図上に表示されます。

  ↓

Image 2011_12_17_002745.jpg



<傾斜区分図を作成する>


「ラスタベース地形解析」プラグインを使用して、傾斜区分図を作成します。

「プラグイン」→「ラスタベース地形解析」を選択して下さい。

  ↓

Image 2011_12_17_003914.jpg


このプラグインが表示されない場合は、

「プラグイン」→「プラグインの管理」で「ラスタ空間解析プラグイン」にチェックを付けてください。

  ↓

Image 2011_12_17_003928.jpg


ダイアログが表示されたら、

解析手法を「傾斜」にして、入力レイヤに変換するレイヤ名を選択します。

出力レイヤに保存するファイル名を入力するのですが、

フォルダ名に日本語があると変換できません。

また、ファイル名に日本語を使うと文字化けします。

なので、出力するフォルダ名、ファイル名は、すべて半角英数文字で設定します。

「結果をプロジェクトに追加する」にチェックを付けておくと、

ファイル作成後、地図に追加されます。

  ↓

Image 2011_12_17_005424.jpg



新しいレイヤが追加されたら、「merge」レイヤを非表示にします。

  ↓

Image 2011_12_17_005637.jpg


新しく追加したレイヤ名をダブルクリックし、プロパティを表示します。

  ↓

Image 2011_12_17_005758.jpg


「スタイル」タブの「カラーマップ」を「カラーマップ」にします。

  ↓

Image 2011_12_17_005834.jpg


「カラーマップ」タブを選択し、「エントリを追加」をクリックします。

ここで、角度ごとに色を設定していきます。

  ↓

Image 2011_12_17_010041.jpg


数字部分をクリックして、0から10度刻みで数字を入力していきます。

  ↓

Image 2011_12_17_010306.jpg


0は白、10は青、20は緑、30は黄色、40はピンク、50は赤、それ以上は黒

に設定します。

(角度や色は自由に変更しても構いません)

  ↓

Image 2011_12_17_010716.jpg


「OK」ボタンをクリックすると、角度ごとの色分けがされています。

  ↓

Image 2011_12_17_010923.jpg


起伏がわかりやすいように、陰影起伏図と重ねてみます。

前の手順で作成した「merge_sh_img.tif」を「ラスタレイヤの追加」で追加します。

  ↓

Image 2011_12_17_011156.jpg


レイヤの順番を入れ替えます。

  ↓

Image 2011_12_17_011218.jpg


傾斜区分図のレイヤをダブルクリックし、プロパティを表示します。

「透過性」タブの「全体の透過率」を50%くらいにします。

  ↓

Image 2011_12_17_011236.jpg


これで、陰影起伏図と重なって、地形がわかりやすいくなりました。

  ↓

Image 2011_12_17_011433.jpg


この他、等高線や林小班などを重ねると、もっとわかりやすい地図になります。


今回作った傾斜区分図は、

0〜10度までは「青」、

10〜20度までは「緑」

20〜30度までは「黄色」

30〜40度までは「ピンク」

40〜50度までは「赤」

50〜90度までは「黒」

に色分けしました。


林業専用道や森林作業道を計画する場合、25度以下くらいの横断傾斜の箇所を選定するので、

今回の地図だと「青」、「緑」、「黄色」の部分を通る計画をすれば、安い経費で計画できるということです。


現地の踏査を行う前に、この地図で線形の候補を設定しておけば、

現地踏査も少しは楽になるかもれません。


QGISでは、レイヤをGPXファイルに変換できます。

GPSにQGISで設定したラインをいれて、現地に行けば更に踏査が捗るでしょう。











posted by kouichi at 00:36| Comment(3) | GISその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに今、作成しようと四苦八苦していた者です。
記事予告を見て更新を楽しみにしておりました。

DEM変換ツールで段彩図と陰影起伏図は作っていたのですが、
同時に作られるその他のtifはうまく変換できていないのか
と思っていたので、段彩図や陰影図を元データにして地形
解析にかけ、その結果失敗というドツボにはまっていました。

謎の灰色のtifは、カラーバンドを設定すればよかったという、
ちょっとしたことだけど大きなポイント、眼から鱗でした。
試しにmerge.tif をそのままカラーバンドを設定してみると
標高図のラスタに! つまりあれがDEMの本体なんですね。

また少しだけ、前に進みました。感謝です。
Posted by Yoh at 2011年12月17日 16:48
Quantum GIS 1.8.0-Lisboaより『ラスタレイヤの追加』でmerge.tifを選択(画面にグレーの四角表示)⇒レイヤのCRSをプロジェクトに設定する…画面は、何も変わらない。⇒『設定』⇒『プロジェクトのプロパティ』で確認すると説明の座標参照系(CRS)でなく空間参照システムCRS)になる説明内容(上記と異なる)??
Posted by 山口正彦 at 2013年05月02日 16:33
山口さん
プロジェクトのプロパティの画面が違うよ、ということでしょうか?
この記事は少し古いので、画面はver1.7.4のものです。
1.8ではこの画面が変更されています。
しかし機能は同じですので、読み替えて見てください。
Posted by kita at 2013年05月03日 09:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。