2011年11月20日

QGISをOSGeo4Wを使ってインストールする

QGISを「OSGeo4W」を使用してインストールしてみた。
なぜそうしたかというと、ダウンロードページ
「Standalone
Installer」が「Ver1.7.0ベータ版」からなかなか更新されないためで、OSGeo4Wを使用すると、1.7.1と、なんと1.8.0まで
公開されているようである。(現在は、「Standalone Installer」 も1.7.1になっている。)
きっかけは、私のよく見ている「森林管理とGPS 」というブログの記事から。

まず、ダウンロードページ の「Download OSGEO4W Installer」をクリックし、「osgeo4w-setup.exe」をダウンロードする。
QGIS_osgeo0001.png

「osgeo4w-setup.exe」 をダブルクリックし、「アドバンスインストール」を選択。
QGIS_osgeo0002.png

ネット接続でインストールする場合には、「インターネットからインストール」、インストールファイルのダウンロードのみの場合は、「インストールせずにダウンロード」を選択する。
QGIS_osgeo0003.png

・・・インターネットからインストール の場合・・・・
インストール先を選択する。
QGIS_osgeo0004.png

ダウンロードしたファイルの保存先を選択します。
QGIS_osgeo0005.png

「IE設定を利用する」を選択。
QGIS_osgeo0006.png

表示されたリストから「Desktop」を展開し、「qgis:QuantumGIS Desktop」をクリックし、選択する。選択したら、バージョン番号が表示される。
(その下の「qgis-dev:QuantumGIS・・・・・・」は、1.8.0のインストール。必要ならばクリックし選択する。)

<後でわかったこと>
「qgis-dev」は、現在開発中のバージョンであり、テストのためにインストールする場合に選択する。
通常の使用では、選択しないほうが良さそう。


バージョン番号をクリックすると、1つ前のバージョンも選択できるよう。
QGIS_osgeo0007.png

QGIS_osgeo0008.png

ダウンロードが開始される。
QGIS_osgeo0009.png

インストールが終了したら「完了」ボタンで終了。
スタートメニューの「OSGeo4W」にインストールされたソフトがあります。
QGIS_osgeo0010.png
posted by kouichi at 01:30| Comment(0) | QGIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: