2011年11月19日

eTrex10を使ってみた

職場で、GARMINの新しいGPS、eTrex10を購入したので使用してみた。
購入前は、地図が表示できないと思っていたが、
標準で簡単な世界地図が入っていたので、
shapeファイルを変換してIMGファイルを作成し、
GPSに入れてみた。
キチンと表示された。
前のetrexとほぼ同じ値段で、
地図が表示できるなんて、
いい買い物をした。

しかし問題は、内蔵メモリが10MBしかない!
少なっ!

あんまり広域の地図は無理だけど、今の職場の
森林図は、等高線をQGIS で簡素化して、
4MB位で作成できた。

MapEditというソフトで、IMGファイルを作るのだが、
道路の線などがちょうどいい種類がなく、
色々試して結構時間がかかった。

この辺の作成方法も、そのうちまとめようと思います。

英語版なので、わからない単語もあるけど、
なんとかなるでしょう。

そのうち日本語マニュアルを作成しておこうと思う。
まだ日本の販売店もマニュアルを整備中みたい。

歩いたところの面積が測定できたり、
ストップウォッチや、計算機がついてたり、
便利機能がたくさんある。

衛星もロシアの衛星や、静止衛星をつかったりで
精度も上がっているよう。
明日山でも試してみようと思う。
posted by kouichi at 23:13| Comment(3) | GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、平林と申します私もetrex10を買ってみました。これまでetrexH
とVisuta Hcxをカシミールで使っていました。そこで問題が起こりました。USBでパソコンで繋いでも、ドライバーがインストールされてないと言われます。付属品にドライバーCDなどもないので困ってます。ドライバーはガーミン共通ではないかと思ってます。初期不良ではと心配してるところです。また
地図の作り方などのアップも楽しみにしてます。よろしく御願いします
Posted by 平林 敏明 at 2011年12月10日 18:59
平林様
コメントありがとうございます。
etrex10は、従来のeTrexHや、Vistaなどとは違い、
ドライバは必要ありません。
パソコンとつなぐと、USBメモリ等と同じく、
ストレージドライブとして認識されると思います。
「Gamin」というフォルダの中に「GPX」というフォルダがあると思います。
このフォルダの中にトラックデータやポイントデータのGPXファイルが入っていますので、このファイルをカシミール3Dの地図の部分にドロップしてみてください。
<編集>→<GPSデータの編集>で、このGPXファイルを開いても構いません。
すると、ログデータが表示されるはずです。

「GPX」フォルダの「Curent」フォルダの中のGPXファイルは、現在記録中のトラックデータがGPXファイルで入っています。

地図の作成方法ですが、右のリンクにある「基盤地図情報を・・・」が参考になるかもしれません。少し情報が古いですが・・・。

なにせ容量が10MBしか無いので、あまり詳細な地図は作成できませんが、そのうち作成方法を紹介します。

また、よろしくお願いします。

Posted by kita at 2011年12月10日 21:22
詳しく説明して頂き大変有難うございました。ファイルの取り込みも出来る様になりました。私は65歳でアルプスなどへナビを頼りに挑戦しています。若い時英語の勉強をしてなくて英語のマニュアルを見てもちんぷんかんぷんで理解出来ません日本製品には各国の言語のマニュアルが付属してますがガーミン社は日本向けに販売する計画などない様ですね。またメインメニューとsetup
メニューに同じMAPアイコンが有り、今までその区別が解らず、地図画面に
なったり、どうしても地図に行ってくれなくて苦労しました。その内役に立たないベースマップを大分付近の簡単な地図に入れ替えたいと思ってます。今後ともよろしく御願いします
Posted by 平林 敏明 at 2011年12月15日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: